アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
シルバー気ままの人生
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
奥三河の地形、地質で川に起因するスッポト
奥三河の地形、地質で川に起因するスッポト  今回は奥三河の地形、地質で川に起因するスポットを訪ねる。新城市の桜淵公園の笠岩橋上流の左岸は「蜂の巣岩}と呼ばれている。緑色片岩に挟まれた石灰岩層が水に浸食され出来た穴を持つ岩の事を言っている。東栄町の蔦の渕は大滝と一体になっている。滝頭は硬い火山岩(珪化安山岩)、滝壺は柔らかい堆積岩(黒色泥岩)で、柔らかい泥岩は硬い珪化安山岩より早く風化・浸食され滝壺となった。同じ東栄町の西薗目のポットホールをたずねた。川の上には吊り橋が架かっており、ポットホールを上から眺められるようなっておる。ポットホー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/23 16:50
奥三河の地形、地質 現地を訪ねて
奥三河の地形、地質 現地を訪ねて  愛知県民の森付近がは1,500年前に活動した火山のカルデラ跡だと知り、奥三河の地質に大変興味がわき、ネットで調べたら愛知県東三河総局新城設楽信仰事務所が発行した、環境学習教材の新城設楽の地形、地質をネットで手に入れる事が出来、教材の33ヶ所の地形、地質の現地を訪ねることにした。何回かにわけて訪ねブログに載せて行きたいと思う。新城設楽地方の大きな特徴は豊川に沿って中央構造線がが通っており、また約1,500年前の新生代新第三紀に活動した火山の痕跡が見られる事です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/17 16:52
高松山と御殿場線 
高松山と御殿場線   三遠トレキングの山行で、大井松田の近くの丹沢山系最南端の山高松山に登る。数あるルートを北側から登る、はなじょろ道から高松山に、下りは最明寺史跡公園、JR松田駅、計6時間歩いた。今回は青春フリー切符を利用した山行で、普段では利用しない御殿場線に乗り、昭和9年に丹那トンネルが開通するまで、東海道線として利用された、御殿場線で生きた歴史の旧跡のホームの長さ、複線の跡などを見ることが出来た。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/10 05:46
愛知県民の森  生成時は海底火山のカルデラ
愛知県民の森  生成時は海底火山のカルデラ  愛知県民の森がある、鳳来山系(鳳来寺、明神山)は登山して分かるように、殆どが岩であり、多くの所で大きな岩が露出しておる。日本シームレス地質図によると  https://gbank.gsj.jp/seamless/2d3d/?center=35.0356,137.6426&z=11 1,500万年〜700万年前に噴火した火山の岩石(安山岩、玄武岩類)で出来ておる。 愛知県民の森の地形を説明する現場の説明文では、県民の森の場所は、生成当時火山のカルデラ場所に当たるそうです。今回は愛知県民の森... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/02 15:52
霧の秋葉道
霧の秋葉道   昨日まで大雨で秋葉ダムも全水門放流しておるが雨は上がり、秋葉山はガスが掛かっておるので、ガスの秋葉道を歩きたく秋葉神社周辺を歩いた。霧の杉林の素晴らしい景色を見ることが出来、秋葉道の雰囲気を味わった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/26 05:17
台風20号で秋葉ダム、船明ダムの放流
台風20号で秋葉ダム、船明ダムの放流  台風20号の雨での天竜川秋葉ダム、船明ダムの放流の様子を見に行く。普段は秋葉ダムからは放流はなし、船明ダムは一門のみの放流が見られる。しかし今回の20号による増水では両ダムとも水門の全面開放の放流が見られた。 普段は秋葉ダムの下流は天竜川には水の流れがないが、今日は大量の水で河川敷が埋め尽くされておった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/25 07:31
本宮山 大人気の砥鹿奥宮表参道ルート
本宮山 大人気の砥鹿奥宮表参道ルート  豊川本宮山は年中登山者で大変賑わい、砥鹿神社奥宮の休憩所には表参道コースの各種の記録が張り出されておる。1日、年間何回登ったか、下からの何分で登ったか等すごい数字が表示されておる。8月北の大気に変わり、涼しくなたので登った。5時半からった登ったが登山道に入るともう下ってくる方に出会う。今合う方は3時半頃には登った方で有る。下る方は奥宮まで途切れることがない。服装も殆どの方がザックは背負ってはいない。私など正規な装備でザックを背負って登ったが、私は奥宮まで追い抜いた方は2人で後は全て追い抜かれた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/18 16:12
茶臼山 小鳥の森アテビ島
茶臼山 小鳥の森アテビ島  茶臼山 小鳥の森アテビ島の散策である。茶臼山高原1,200Mの売木村側に小鳥の森があり、管理棟、茶屋もあって茶臼山高原のポイントである。「小鳥の森アテビ島」、言葉からは何か不思議な名称である。「アテビ島」なにか南の島の名前を連想します。森の中に入ると「アテビ」の言葉の説明があり、ヒノキ科のアスナロの方言でクロベのことを意味している。ヒノキ科のクロベ林が多い森だと分かります。ゆっくり歩いて約2時間で回る事が出来る。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/14 05:21
茶臼山高原 夏
茶臼山高原 夏  愛知県の茶臼山高原の夏を散策する。 夏の茶臼山高原に前の日の夕方来て、朝には帰る短い時間だが、キャンプ場で素晴らしい星空をみて、次の日の朝はアテビ平ら小鳥の森、根羽村の茶臼山高原等の散策を行った。夜は満天の星の下、朝は高原で朝のコーヒー、涼しい朝の散策、短時間ですが涼しい夏を味わった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/05 16:00
霧ヶ峰 2018/7/16
霧ヶ峰 2018/7/16  八島湿原とセットで霧ヶ峰のニッコウキスゲを訪ねて、びっくりしました。10年前後前と状況が大きく変わり、霧ヶ峰の肩の付近は全て、電気柵にニッコウキスゲは覆われていました。ニッコウキスゲの中の歩道を歩く状況では全く有りません。自然は全てを変えます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/20 18:04
八島湿原 2018/7/16
八島湿原 2018/7/16  八島湿原を7月の海の日に訪ねる。浜松から車の往復8時間、八島ケ原湿原と霧ヶ峰で4時間 計12時間の猛暑日の山行であった。猛暑予想であったが1,600Mの湿原、高原で花が一杯の良い季節のため、暑さは全く感じなく清々しいハイクが出来た。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/20 17:52
梅雨の森林公園
梅雨の森林公園  梅雨の浜松市浜北の森林公園を歩く。しかし天気の良い時が主で、梅雨時の本格的な雨の時、散歩した記憶はない。今回はカッパを着て雨の森林公園を3時間歩いた。天気では目にとまらない風景も目にとまり楽しい雨中ハイクが出来た。比較的雨量が多かったので全体的に濡れてしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/24 07:36
秋葉山、秋葉寺へ夏の参道
秋葉山、秋葉寺へ夏の参道  6月の始め秋葉寺への表参道を午後から行き、往復2時間秋葉山の秋葉寺三尺坊の表参道を歩き、緑濃い6月の始めの表参道を親しんできた。2時間天竜杉の中を歩くのも素晴らしいの一言である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/03 19:47
秋葉ダム増水時の光景
秋葉ダム増水時の光景   先日秋葉ダム湖を通ったら、天竜川は増水して秋葉ダムも水門を2ヶ所開放しており、ダム湖で初めてみる、ダム湖の砂利さらい装置の湖上での移動に出会った。天竜川の佐久間ダムは有効貯水の内、多くの量は堆積した土砂が占め、水の貯水量は大変減っており、国土交通省は佐久間ダムの土砂を下流に流すことを行う予算の話を新聞で読んだことがある。砂利さらい装置の湖上移動は砂利さらい装置をタグボートで押して移動していた。ダム湖の土砂さらい装置などはダム湖の堆積土砂を減らす関係の装置だと思った。又秋葉ダムの下流の吊り橋は... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2018/05/20 17:31
芦川のスズラン群生地
芦川のスズラン群生地  合併後に笛吹市なった芦川村が、山梨県の自治体で富士山が見えない唯一の自治体だと、地元で聞いたことがある。芦川の川沿いに有る町は、富士山側を黒岳、節刀ケ岳、鬼ケ岳の山脈があり、近くでも富士山が見えない。町はスズラン群生地があり、スズランで街おこしをを行っておる。街灯もスズランの花の形をしておるスズランの町で有る。 今回笛吹市になって初めて芦川町のスズラン群生地を訪れた。時期が10日位早かったが、しかし白樺林の中に咲くスズランをを見ることができた。花はドウダンツツジの花とよく似ているが、咲いてい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/13 18:10
鈴鹿山系高室山新緑ハイク
鈴鹿山系高室山新緑ハイク  鈴鹿山系の高室山の新緑時を訪ねる。豊橋から伊勢湾岸道路を建設中の第二名神道路、東海循環道路を一部利用し国道421号と県道を利用しゴールデンウィークの高速の混雑に会うことなく多賀町の高室山に登ってきた。ゴールデンウィークの国道421号の鈴鹿山中は多くのキャンパーで混雑しておった。高室山は近くの霊仙山、藤原岳の一角で石灰岩の山であるため、頂上は木がなく360度のパノラマである。頂上近くの樹林帯は落葉樹で、下草もなく素晴らしい新緑の中のハイクを楽しむことが出来た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/06 15:47
豊川シジミ採り
豊川シジミ採り  ゴールデンウィークのはじめ、山仲間の案内でシジミ採り行く。現在シジミを食べること事自身、なかなか困難である。シジミというと直ぐ宍道湖のシジミを思い出す。今回シジミ採りが出来ると言うことで二つ返事でシジミ採りに案内して頂いた。場所は豊橋駅の近くの東海道線の豊川の鉄橋の近くである。シジミ採りの方も大変多く、河川敷に車を駐めてシジミ採りが出来るため大変便利で、勿論自然の川の為無料である。未だ日本にもこのような自然が残されておることにびっくりし感謝したい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/30 19:34
棚山高原(三河)の印象
棚山高原(三河)の印象    鳳来寺山から宇連山の途中に棚山高原があるが、鳳来寺山系の山は20万年前の海底火山で出来,陸地になった山である。山系は険しく登山道も岩稜部が多い。しかし棚山高原から宇連山に掛けては鳳来寺山系の山らしくない穏やかさである。海抜700Mの小さな高原には渇水期を除き飲み水が流れる。宇連山にかけての東海自然歩道沿いには、700Mの高さにしては穏やかなきれいな谷川が流れ、さわやかな高原の雰囲気をあり好きである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/22 16:11
千葉山 春のどうだん原
千葉山 春のどうだん原  島田千葉山のどうだん原のドウダンツツジお開花を見に訪ねる。今年は季節が1週間は早くずれているので、4月7日に訪ねた。どうだん原は千葉山のハイキングコースの途中にあり、下からハイキングコースを登って行くか、林道を車でペンションドウダンに行き、そこからハイキングコースを少し下る方法があるが、私は千葉山の昔の参道の伊太丁仏参道を歩いた。県道からの伊太丁仏参道の入り口が分かりにくかったが、どうにか見つけ登った。登り口からのコースはよく整備され大変歩き安く、赤い帽子、エプロンをつけた地蔵さんがコースに数... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/07 16:49
鳳来湖上臈岩 春の道
鳳来湖上臈岩 春の道  鳳来湖上臈岩へ春道を訪れる。愛知県民の森の桜、ミツバツツジ等が咲き誇る3月下旬上臈岩を訪ねる。思った通り愛知県民の森は木の花で一杯であった。県民の森の大谷津川沿いに咲き誇る桜、ミツバツツジ等を見ながら上臈岩に向かうが、どこに行っても木の花が歓迎してくれ、素晴らしい季節に感謝で一杯だった。このような自然を大事にしなければいけないとつくづく思った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/01 12:54

続きを見る

トップへ

月別リンク

シルバー気ままの人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる