消えた人口5,000人鉱山の町

天竜川の秋葉ダム湖を見下ろす下平山には、昭和30年代に大変栄えた峰之沢鉱山があったが昭和44年閉山になった。最盛期には静岡県龍山村下平山には5,000人が暮らしており、映画館、パチンコ店の娯楽施設も各2ケ所あった。下平山小学校は生徒数500人の鉄筋の小学校でしたが、昭和45年には閉校となり現在は跡地が公園になっている。鉱山の閉山から半世…
コメント:0

続きを読むread more

厳冬期雪なし竜頭山

厳冬期2月の竜頭山に約半世紀振りに訪ねる。20代前半に毎年冬の竜頭山に遠州鉄道西鹿島駅から路線バス(登山者が多い年は臨時のバスも出た。)で多くの登山者と登った。山頂の尾根、沢もは1面の雪だった事を覚えています。本年は暖冬で頂上付近も近くの斜面も雪なしで、大変がっくりしました。1年だけでは何も言えないが確実に温暖化の匂いを感じました。 …
コメント:0

続きを読むread more

秋葉道旅人、鳳来寺から何処

秋葉道は江戸時代中期から明治の初めにかけて大変な賑わいだった。掛川大池で東海道と別れ森、秋葉山、熊、巣山、三河大野、鳳来寺、新城、豊川、御油で東海道に戻る道(27里)が秋葉道である。途中の鳳来寺には峰の薬師があった。1788年司馬江漢が記した「西遊日誌」から鳳来寺部分を抜粋する。「夫より鳳来寺にかかるに、・・・・行者越えと云処、1町岩石…
コメント:0

続きを読むread more

山間地の旧家

山間地はコロナ禍とは別世界の通常の散策が出来る。山間地の散策中に見つけた、立派な旧家を載せさせて頂く。旧家で歴代当主の哲学を感じるのは、裏山にある墓地に行く通路である。通路は屋敷の石垣の外側に裏山まで立派な階段で作られており、上部の傾斜が急の部分は安全のため綺麗な手すりも付けられておる。これを見ると代々当主が旧家を大事に守ってきたことが…
コメント:0

続きを読むread more

天竜川渇水期、本州最古の浜北人も見たか

 先日国道152号線で北遠に行く時、鹿島橋付近の河川敷で通常は見られない光景が見られたので河川敷まで降りてみた。天竜川が渇水し鹿島橋と天竜浜名湖鉄道鉄橋の間で、通常寺は水面上に露出して見える岩が、本年の渇水期は河川敷まで水が無く岩床全体が見られた。この岩床の近くの岩水寺の根堅遺跡には本州最古の旧石器時代(約2万年前)の人骨、浜北人が発見…
コメント:0

続きを読むread more

栗ケ岳の頂上風景

 粟ケ岳は遠州平野、牧之原の北端に位置し530Mの高さがあり、南、東、西と3方面の見晴らしが素晴らしい。反対に静岡県西部の各地から粟ケ岳を見ることが出来る。山は平坦の山ではなく急勾配の山である。頂上部は比較的広いため、神社、電波塔、観光テラスがあるハイカーも多い。頂上部からは茶所東山の茶園一帯、東に大井川、その向こうに富士山、南には茶所…
コメント:0

続きを読むread more

三河湾を望む桑谷山の登山道

 三遠トレキングで三河湾に面した蒲郡市の北側にせっしている桑谷山に行く。桑谷キャンプ場から登るが、車の駐車場は大きなため池の脇にある。国土地理院の地図で見ると近くにため池が他にも見られ、ため池の多い土地だと思った。又登山道に通常の登山道では見られない、自然の石を用いた登山道が見られる。石は階段の踏み石に、又階段の踏み石を支える縦の杭に、…
コメント:0

続きを読むread more

平山明神山

 設楽町の1000万年前後に噴火した平山明神山に三遠トレキングの仲間と登る。近くには東海自然歩道が通っているが、自然歩道の中でも一番の岩山が多くで難所である。平山明神山近くまで車で行き、いっきに400M強を急登する。水平距離は短いため歩行距離は短い。往復4時間弱のトレキングが出来る。 急の杉並木の中の下り 頂上近くの巨岩の巻…
コメント:0

続きを読むread more

かわな野外活動センターの沢ルート

浜松市野外活動センターは浜松市の小中学生が団体で利用する施設で、コース等も立派に整備されている。今回隣に隣接する都田ダムのいなさ湖の湖岸から上れるつりばし尾根から登り、途中から沢に降りて登るさるわたり沢コースで登り、帰りはつりばし尾根を下りいなさ湖畔に戻った。登り1時間下り30分で短時間の散策ですが、落ち葉も多く、沢コースは歩行コースは…
コメント:0

続きを読むread more

茶臼山、遠山郷の紅葉

10月の末、茶臼山、遠山郷方面にGOTOキャンペンーを使って出かける。天気にも恵まれ素晴らしい紅葉を見ることが出来た。南信州方面には遠州、三河から国道151号、152号の二つの国道が通っているが、番号1つの違いで151号は完全整備されておるが、152号は災害で不通、道路が無くなる箇所等整備状況が全く違い、中央構造線が通る地形の複雑さを感…
コメント:0

続きを読むread more

大台ヶ原

台風一過の大台ヶ原を10月中旬に訪ねる。前日の天気予報では1日曇り、前日、後日は晴れマークのため雨はないと読み訪ねる。台風一過で大気も清々しかった。Cコースを歩きここが大台ヶ原の風景を見、4時間の素晴らしい散策に満足し帰宅した。 大台ケ原ドライブウエイより 日出ケ岳への登山道 展望デッキより下方を 日出ケ岳山頂よ…
コメント:0

続きを読むread more

竜頭山登山道の天竜美林2

  竜頭山ノ登山道の人工林天竜美林にはいつ登っても感心する。今回は登山口海抜150Mから竜頭山海抜1,351Mの近くまで続く(高低差1,000m)大変綺麗な人工林(天竜美林)の中を歩く登山道を紹介する。高低差1,000Mの登山道の両側が綺麗に整備されている人工林中を歩く登山道は私は他には知らない。これを見ると明治の偉人、金原明善が私財を…
コメント:0

続きを読むread more

北遠の山間地集落

山間地集落の2箇所を見る。いずれも浜松市である。新しい住宅も有り生活の匂いが満ちている集落と、集落の入り口に過去の生活の匂いが残っている火の見櫓はあるが、他の生活の匂いは車の3台以外は見ることが出来なかった。比較的に近い山間地集落(車で20分位の距離)で対照的二つの集落を見ることが出来た。集落の入り口の火の見櫓や、鉄筋校舎の分校跡がが残…
コメント:0

続きを読むread more

深成岩の登山道を歩く観音山

マグマが地中深くでゆっくり固まった深成岩、観音山の登山道で地表に露出した深成岩の一種カンラン岩が見られる。観音山一帯は国有地で、静岡県の観音山少年自然の家もある。観音山は575Mの低い山で周りは山間地の住宅が点在するが、何故国有地になっているのだろうか。観音山一帯は比較的平坦な山で、ゴルフ場、放牧場、棚田、山間地の集落がある。 深…
コメント:0

続きを読むread more

渥美半島田原アルプス

田原アルプスと呼ばれる田原市の山、蔵王山、衣笠山、滝頭山、地質は一億数千万年前の海底付加コンプレクスのチャート,石灰岩で出来ている。岩石は硬く、水等も通さない。そのため三方を山に囲まれた滝頭公園は田原市の中心部の近くにあるが、山に囲まれた地形を生かした池、キャンプ場、山の散策路、勿論野球場、テニス場等の運動施設もあり、市民の憩いの場にな…
コメント:0

続きを読むread more

白倉峡に見る地殻深部の岩石

 浜松の旧龍山村の白倉峡では地球の地殻深部の岩石が見られる。この地域の地質は中性代の前期白亜紀(一億年前後)の変成岩で出来ている。(中央構造線の東側に位置し三波川変成岩地帯。)白倉峡は秋葉山ダムの西側に位置し当然新緑、夏は川遊び、秋は紅葉で賑わう。又付近は山間地集落の白倉である。 地殻深部の岩石 地殻深部の岩石が沢を横切…
コメント:0

続きを読むread more

中央構造線と百間滝

愛知県と静岡県の境界付近を横切る中央構造線、構造線の付近は複雑な地質で、百間滝は複雑な地質を横切る断層に掛かっています。断層は滝壺を横切る方向に伸びています。落差は43mです。滝壺へ下る林道の駐車場脇の岩壁の割れ目から、したたる地下水を求めて列を作って待っいる人がいます。中央構造線が絡んだ地下水はどういう成分がf普通の地下水と違うか是非…
コメント:0

続きを読むread more

真夏の麻布山への道

天竜スーパー林道の北端に麻布山がある。スーパー林道は1,100m前後を南北に比較的平坦に走っていて舗装されている。真夏でも午前は稜線の西側、午後は稜の東側のスーパー林道は日陰になりやすく快適な歩きも出来る。今回は麻布山の登山口から3km位前の駐車スペースに車を駐車し、スーパー林道、麻布山の登山道を歩いた。下の水窪の市街地では今年1地番の…
コメント:0

続きを読むread more

奥三河天狗棚のブナ林

 奥三河茶臼山近くの天狗棚のブナ林を散歩する。面の木園地から登るコースは、浜松から比較的簡単にブナを含む自然林を見られる。又自然林の中を歩くため、夏でも強い日差しに合うこと無い。又登山道は大きな石はなく歩き安く往復約1時間半の散策できる。面の木のブナ林は大木はなく、白山山麓のブナ林の様なスケールはないが、下の笹もなくブナ林まで近寄れブナ…
コメント:0

続きを読むread more

遠山郷 下栗の里

 日本のチロルと言われる信州遠山郷の下栗の里を訪ねる。10年以上前に聖岳、上河内岳等を訪ねた時、遠山川を眼下に見る、急斜面によく集落があることにビックリしました。今回改めて急斜面の集落を訪ねた。調べると遠山側を見下ろす急斜面の集落は「下栗の里」と呼ばれて観光スポッになっていた。下の聖、光岳への向かう道から、下栗の里の急斜面のヘアピンカー…
コメント:0

続きを読むread more