堀江城主 一万石の夢

観光地舘山寺の某観光会社の観覧車、ホテル等の一角は明治維新まで堀江城があり、大澤家が支配しておった。大澤家は吉良上野介と同じ格式高い高家旗本として江戸時代を12代生き抜いた。12代大澤基寿は明治維新の領主であった。新政府が打ち出した廃藩置県で1万石以上の領主は華族にする情報のため、藩が行ったいた未完成の干拓事業を完成したように偽り、堀江…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝永地震で消えた遠州横須賀湊の内海の名残

宝永地震の地殻変動で遠州横須賀湊の内海が小さくなり、現在の地図では陸地になっている。17世紀後半に描かれた「遠州横須賀惣絵図」と国土地理院の1/25,000を比較しながら内海跡と思われる場所を歩いた。内海があったと思われる場所には、現在でも住宅はなく、途中にある池に流れる川、池から流れ出る川の形、川幅、堤防の状況は全く違う。跡地は現在も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠州横須賀湊の回船問屋

 遠州横須賀湊は1707年の宝永地震の地殻変動で湊として利用していた内海に船が入れなくなり衰退したと言われている。先日地元の人から隣の福田湊を利用して商売は続けたと聞いた。宝永地震でなくなった内海の痕跡を見たり、当時栄えた回船問屋を訪ねた。今回は回船問屋の園庭、船着き門、外側の写真等を載せ、続いて宝永地震でなくなった内海の痕跡と思われる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

掛川市居尻 梅雨時

 掛川市の北の中間山地には居尻がある。きれいな原野谷川が流れ、昔からアウトドアー地として人気がある。キャップ場に隣接して日帰り温泉があり、より一層人気が高く訪れた日にも多くのキャンパーが訪れていた。周辺を散歩したく訪れ、温泉につかり疲れを癒やした。                ちょっと気になる「そばや店内の囲炉裏」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北岳、赤石岳は海底の石灰岩、チャートである

 奥三河の地形、地質で中央構造線、設楽火山の跡地を訪ねると中央構造線のどうして出来たか、設楽火山活動期の1,500年前の日本列島の様子等が気になり振り返ると日本列島誕生の歴史に突き当たる。 ①1億8,000万年前にユーラシア大陸の東端に日本列島上半分(大陸側)が出来た。 ②7,000万年前にプレートに載ってきた下半分(太平洋側)が出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青笹山 梅雨の合間

 6月の梅雨の合間に地蔵峠から青笹山に登る。往路はガスの中を上り、青笹山着く頃ガスも消え、曇りながら視界が良くなり、梅雨時のブナ等の緑、緑一杯の周辺の山景に酔いしれた。この稜線はアップダウンも少なく、登山道も岩が少ないので歩き安い。ガスの中でもトレールランをする元気な若者達もいた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶臼山、根羽の火山痕跡

 愛知県、長野県、岐阜県の県境の三国山近くに、火山岩の玄武岩で出来た亀甲石(柱状節理)があり、愛知県と根羽村が場所は違うがそれぞれ、亀甲石を天然記念物に指定しておる。ここは池ケ平牧場内にあり、ここだけ火山の痕跡が何故見られるかと思う。 根羽村の隣の愛知県側には津具金山も昭和の初め頃まであり、これらは同じ時期のマグマの活動と報告されてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜淵公園の蜂の巣岩

豊川の桜淵公園の笠岩橋の上流側左岸は「蜂の巣岩」と呼ばれている岩があります。緑色片岩に挟まれた石灰岩層が水に侵食されて出来た穴の事を言っている。 桜淵に水が豊かな季節と、渇水期に訪れ写真に収めた。             笠岩橋から上流に向かって川の左岸の岩が蜂の巣岩                    笠岩橋から下流側…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳳来湖湖底を歩く

  桜の咲く頃障子岸岩脈を訪ねると、鳳来湖が渇水が進み上流ではダムの水は無くなり、渇水期の川、沢の自然の流れのみの為、渇いた湖底を歩いた。岩脈等の岩、昔の集落跡、道路等を散策でき通常では見れない風景を見ることが出来た。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中央構造線 断層谷上の佐久間

 先日の日曜日に3月に部分開通した三遠南信道を使って、佐久間の民族伝承館を訪ねた。三遠南信道のトンネル抜け、佐久間川合インターで出て、県道290号で山道に入り、北条峠にある民族伝承館に着いた。民族伝承館前には、地図の看板と隣の大きなケースに20個前後の石のサンプルが展示されておった。民族伝承館の周りの土手はくろぽい小さい石で出来ており、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小笠山 掛川駅から法多山にケスタ様地形を歩く

小笠山に部分には度々訪ね、ブログに載せさせて頂いている。今回は掛川駅から法多山まで歩き、小笠山の地形的な特徴、風景を楽しんだ。掛川市の板沢の信号付近から山麓の道路に入り案内に従ってハイキングコースにはいり小笠山を経て法多山まで約5時間の尾根コースである。このコースは東西に伸びる尾根に登山道が出来ており、北側は掛川市街、運動公園エコパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上臈岩 鳳来湖湖岸から直下に

  上臈岩には県民の森から、鳳来湖を挟んで反対の山から、湖岸の県道からと多方面から見るために訪れている。今回は湖岸の県道(右岩)の反対側の左岸の登山道を、上臈岩の下まで歩き下からの上臈岩を見る。 上臈岩に行くまでには湖岸を2時間半歩くが、鳳来湖には設楽火山の痕跡の溶岩の岩脈が10本以上走っており、渇水期の鳳来湖には所々に岩脈が顔をだし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳳来湖 岩脈

 鳳来湖には岩脈が通っており、渇水期には湖底に現れるので訪ねた。「愛知県の中央構造線」横山良哲著によると鳳来湖には10本の岩脈が通っておることが記されておる。岩脈は湖岸の右岸の車道、左岸の登山道で見られるがある程度知識がないと気がつかない。しかし鳳来湖の渇水期に現れる岩脈は、通常は水の中で見られない岩脈が、見られる事なので出かける。鳳来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雁峰山と花崗岩、鮎滝

  長篠の合戦の時徳川陣営の長篠城が武田陣営に包囲され攻撃された時、徳川の岡崎城に状況を説明するため鳥居強右衛門は包囲された城から抜け出し、雁峰山の途中で抜け出した事を知らせる為、狼煙を上げた山である。この山に登るが地質は花崗岩の山であり、所々花崗岩の露頭が見られる。しかし花崗岩は風化しやすく、風化した花崗岩は真砂土で雨で流されやすい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柱状節理・ポットホール  東栄町渇水期の風景

  東栄町の柱状節理・ポットホールの三段の滝、ポットホールは夏から秋にかけて度々載せている。 柱状節理・ポットホールに興味を持ってから、川の渇水期の季節が初めて来たので訪ねた。  川の渇水期には水で見えない柱状節理。ポットホールが水面から顔を出し、柱状節理、ポットホールの全体層がよく見え大地の歴史の凄さを改めて知ることが出来た。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥三河の石 世界の化粧品に

奥三河の東栄町で国道151号を走ると、道路脇に地元会社の「世界の化粧品に貢献する」 ・・マイカとの看板がある。中間山地の東栄町から世界の化粧品に使われる材料を作る産業が存在することが分かる。何も不思議なPR看板ではない。  奥三河の設楽火山の周辺の山、地質、地形を訪ね歩いていると、気になる看板である。東栄町にはまだ鉱山も存在し、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉祥山の地質、植生

  奥三河の地質、地形を調べると吉祥山がでてくる。吉祥山は豊橋、豊川の境に位置し東名高速道路の北側に位置する独立峰(382M)である。山麓部を除き標高300M以上が愛知県では比較的まれな角閃石片岩で出来ているため、愛知県自然環境保全地域に指定されている。また角閃石片岩の地質による植生によってシイの大木が見られる。         …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

港南台から鎌倉に

 新春に青春切符で三遠トレキングの仲間と横浜港南台から鎌倉にかけての自然林のグリーンベルトを歩く。根岸線港南台駅から鎌倉にかけ左右を新興住宅地、高速の横浜横須賀が通るが、歩行距離で約10KMのグリーンベルトが保護されており、殆どアップダウンがない100M前後の尾根にハイキングコースが整備されておる。谷筋は湧き水も多く、水田もあり貴重な水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more